認知症と上手につきあうケアと予防の方法【ニンチケア】
レビー小体型認知症

レビー小体型認知症……びまん性レビー小体病の特徴や治療・薬

レビー小体型認知症はアルツハイマー型認知症、脳血管性認知症とともに、日本では三大認知症と呼ばれています。脳の神経細胞が減少してしまう認知症(一次性認知症)の中では、アルツハイマー型認知症に次いで多い病気であり、一次性認知症の2割を占めています。

レビー小体病とパーキンソン病

レビー小体とは、神経細胞内に異常なたんぱく質が集積されて形成されたものです。レビー小体病は、主に大脳皮質表面の神経細胞にレビー小体が多数現れます。

パーキンソン病では、このレビー小体が脳幹に多数現れます。かつてレビー小体はパーキンソン病の特徴的な症状とされてきましたが、レビー小体が現れても、パーキンソン病の症状がないレビー小体病が発見されました。

パーキンソン病とレビー小体病は、初期症状は違っていますが、パーキンソン病が進行すると、レビー小体病と症状などがとても似ていることから、パーキンソン病とレビー小体病を同じ病気としてとらえる傾向があります。

レビー小体型認知症の症状とは?

レビー小体型認知症はアルツハイマー型認知症や脳血管性認知症とは少し違い、記憶障害が比較的軽く、特徴的な症状が多くあります。

初期症状

妄想、幻視、うつの症状から始まることが多いようです。このため、レビー小体型認知症の理解がない医師では誤診されることも多く、安定剤や神経遮断薬、睡眠導入剤を処方されて、症状が悪化することも多いです。

間違った薬を使用することで症状が悪化したり、副作用として他の病気を引き起こすこともあり、この病気の理解のある医師に診てもらうことが大切です。

特徴的な症状

レビー小体型認知症の症状には、他の認知症とは少し違っている下記のような症状があります。

現実感のある幻視をみる

「枕元に近所の子供が3人座っている」などの、なまなましい幻視を見ます。夜に幻視を見ることが多く、夜中に意味のわからないことを叫びだすこともあります。

症状が日によって違う

症状がなく正常に見えるときと、症状が現れているときがあり、日によって症状の出方も違います。

パーキンソン症状が現れる

動きが遅くなる、筋肉がかたくなりぎこちなくなるなどの症状がありますが、パーキンソン症状の初期症状で最も多いのは、じっとしている時の手足の震えです。

レビー小体型認知症の治療法は?

レビー小体型認知症の治療法は現在見つかっていません。主な治療法は薬物療法と脳外科的治療です。

薬物治療

一般的に行われている治療法です。現れている症状によって投薬を行っていきますが、副作用として他の症状を引き起こす恐れもあり、副作用の少ない薬を量の調節をしながら服用して、見守っていくという方法がとられています。

少量のアリセプトで非常に効果のあったという報告もあります。しかし、アリセプトは興奮作用があるため、量が多いと症状を悪化させることもあります。

脳外科的手術

薬物治療で効果が現れない場合に、脳外科的手術(定位脳手術、脳深部刺激療法など)を行います。

  • <知っておきたい認知症の基礎知識>原因・症状・老化の違いなど
  • <認知症に関する病気について>脳血管性・アルツハイマー・ピック病など
  • <認知症の予防と治療>介護・検査・診断・治療方法など
  • <認知症ケアに関わる介護資格>ケア専門士・(介護/社会/精神保健)福祉士など
  • <認知症コラム>サプリメント・相談窓口・運転免許取得/更新など