認知症と上手につきあうケアと予防の方法【ニンチケア】
介護施設,介護保険

認知症介護にいくらかかる?……介護施設の種類や費用、介護保険の話

介護施設とは、高齢者に介護を行うところです。介護施設は介護保険施設とそれ以外の施設に分けられます。介護保険施設は名前の通り介護保険が使える施設であり、介護保険法に基づいて都道府県知事が指定する施設です。介護施設ではどのくらいお金がかかるのでしょう。

介護保健が使える介護保険施設

介護保険施設は介護老人保健施設、介護老人福祉施設、介護療養型医療施設に分かれています。

介護保険の被保険者であり、各施設の利用対象となっている場合に利用できます。

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)

病気などで自立した生活が困難の人が、介護を受けながら集団生活を行い、介護者と一緒に家事を行います。

認知症の人が快適に生活できる環境を整え、認知症の進行を遅らせるようにされています。費用は月60,000〜150,000円くらいです。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

介護保険の被保険者であり、65才以上の高齢者で要介護認定を受けていて、身体・精神の障害により介護を常に必要としている人が対象となります。

しかし、医師による治療や手当が常に必要な人は対象外となります。費用は施設によって異なりますが、1日約2,000円かかり、そのほかに生活費がかかります。

介護老人保健施設(老人保健施設)

介護保険の被保険者であり、要介護認定を受けた人で、入院治療が必要なく病状が安定していて、リハビリを必要とする人を対象としています。介護老人保健施設は、自宅での生活復帰を目的としています。費用は介護を必要とする度合いによって異なりますが、月70,000円くらいかかります。

介護保険施設以外の施設とは?

介護保険施設以外には、市町村が運営する「養護老人ホーム」、地方公共団体や社会福祉法人が運営する「軽費老人ホーム」、民間事業者が運営している「有料老人ホーム」があります。

養護老人ホーム

経済的な問題を抱えた一人暮らしの65才以上の高齢者を対象としている施設です。経済的な問題で一人暮らしをするのが困難であるが、身体や精神の機能が大きく衰えていない場合に対象となります。一つの部屋に数人で生活します。費用は収入によって異なりますが、月に0〜140,000円くらいかかります。

軽費老人ホーム

軽費老人ホームは60才以上の高齢者、または高齢者の夫婦(どちらか一人でも60才以上)で、家庭の事情によって家族と同居できない場合や、家庭環境、住宅事情等の理由によって自宅で生活することができない人を対象としています。

A型・B型・C型(ケアハウス)に分かれていて、費用は利用者の年収によって違います。また、部屋は全て個室です。

軽費老人ホーム

給食などの生活に必要なサービスを受けられます。費用は生活費と事務費がかかりますが、事務費は収入によって異なります。生活費は約5万円です。

軽費老人ホームB型

身体や精神の機能の低下があまりなく、自炊ができる程度であることが必要で、自炊が原則となっています。費用は利用料(家賃)が約5千円とされ、他に生活費がかかります。

軽費老人ホームC型(ケアハウス)

身体や精神の機能があって自炊が困難である場合、または独立して生活することが困難であり家族の援助を得られない場合に対象となります。食事や生活に必要なサービスを受けられます。費用は収入によって異なり、月50,000〜150,000円とされています(その他、電話料金等自己負担のものもあります)。

有料老人ホーム

有料老人ホームは、入居者が全額を支払うことになりますので、負担金額が高くなる場合が多いです。介護サービスの有無などによって、3つの種類に分かれています。

住宅型有料老人ホーム

施設では介護サービスの提供を行っていませんが、介護が必要な場合は訪問介護サービスを利用できます。

介護付有料老人ホーム

食事や排泄、入浴などの介護サービスを提供してくれます。自治体から、介護保険「特定施設入所者生活介護」の認定を受けている施設です。

健康型有料老人ホーム

自立した生活を送ることができる健康な人が対象の施設で、介護が必要になった場合は退去しなくてはなりません。

介護保険制度

介護保険制度は2000年に施行された社会保険制度です。高齢化社会を迎え、介護の負担を個人だけでなく、社会全体で支えることを目的としています。

国民は40才から介護保険を納める義務がありますが、介護保険制度は40才以上の人が納めた保険料と税金で運営されています。

サービスを受けられるのはどんな人?

65才以上の要介護と認定された人や、常に介護を必要としていない人で日常生活を行ううえで支援を必要とする要支援認定を受けた人、若年性アルツハイマー病やパーキンソン病を患っている40才から64才までの人がサービスを受けられます。

  • <知っておきたい認知症の基礎知識>原因・症状・老化の違いなど
  • <認知症に関する病気について>脳血管性・アルツハイマー・ピック病など
  • <認知症の予防と治療>介護・検査・診断・治療方法など
  • <認知症ケアに関わる介護資格>ケア専門士・(介護/社会/精神保健)福祉士など
  • <認知症コラム>サプリメント・相談窓口・運転免許取得/更新など