認知症と上手につきあうケアと予防の方法【ニンチケア】
ホームヘルパー

ホームヘルパー……介護の現場ではたらく訪問介護員

ホームヘルパーとは訪問介護員とも言い、高齢者や障害者の家庭を訪問して、家事や身体介護、移動介助などのサービスを提供します。その他にも施設や病院、ボランティアで活躍する人もいます。
ホームヘルパー資格には1〜3級があり、行える介助・援助などのサービスが異なります。また、ホームヘルパー資格は国家資格等とは違い、試験を受験して取得する資格ではなく、講習を受講すれば取得できる認定資格です。講習の内容は、厚生労働省作成のガイドラインに沿った内容で、各研修実施機関が指導内容や課程を作成しています。

家庭での介護に役立つホームヘルパー3級

介護や福祉の基本を身につけるホームヘルパー3級ですが、2009年よりホームヘルパー3級資格だけでは、ホームヘルパーとして働くことができなくなりました(介護報酬が支払われなくなりました)。そのため、ホームヘルパー3級を取得する人のほとんどが、家庭での介護に役立てることを目的としています。

ホームヘルパー3級の講習内容

ホームヘルパー3級資格取得には、50時間の講習(講義・実技演習・実習)を受講する必要があります。

そして講習(25時間)には、社会福祉に関する知識・ホームヘルプサービスに関する知識と方法・関連領域の基礎知識に関する講義と実習演習(17時間)、実習(8時間)があります。

ホームヘルパー3級取得のメリット・デメリット

先に説明したように、仕事をするにはホームヘルパー2級以上が必要となり、3級だけでは仕事としてはできないというデメリットはありますが、ホームヘルパー3級取得者は2級を取得する際に26時間の講習が免除となるメリットもあります。

就労するにはホームヘルパー2級資格は必須

ホームヘルパーとして仕事をするのなら、2級以上の資格が必要です。また、1級資格を取得するためには2級資格を取得していなければなりません。

ホームヘルパー2級の講習内容

ホームヘルパー2級の講習は全130時間あり、講義(52時間)・実技演習(48時間)・実習(30時間)からなります。

講義では、介護について、サービスの利用者の理解、生活援助・リハビリテーション、社会福祉制度とサービス、ケア計画などを学び、実技演習ではベッドメイキングの方法、安楽な姿勢・体位交換の仕方、食事・移動の介助、排尿や尿失禁のケア方法、入浴や身体を清潔に保つ方法などを学びます。

そして、実習では、施設介護実習、在宅サービス提供見学、訪問介護サービス同行などを行います。

ホームヘルパー2級取得後は……

ホームヘルプにおいて、身体介助や家事援助を行うことができます。また、特別養護老人ホームなどの介護施設において身体介助を行うことができます。

ホームヘルパー2級取得のメリット

ホームヘルパー2級以上を取得すると自動的に福祉用具専門相談員、知的障害者ガイドヘルパーの資格も取得できます。

ホームヘルパー1級終了でヘルパーのリーダー的役割に

ホームヘルパーとして活躍する人は、バイト・パートなど雇用形態はさまざまですが、ホームヘルパー1級取得で深い知識や技術を持つヘルパーとして扱われますので、常勤や正社員となるチャンスも多いようです。また、ホームヘルパー1級講習の受講には、ホームヘルパー2級取得と1年以上の実務経験が必要となります。

ホームヘルパー1級の講習内容

ホームヘルパー1級の講習は全230時間あり、講義・実技演習・実習からなります。講義では社会福祉関連の制度とサービス、介護の方法と技術、チームケアとチームワーク、関連領域の基礎知識について学び、実技演習ではケアマネージメント技術、指導技術と介護技術の向上、困難事例等対応技術、福祉用具の使用技術を学びます。

また、実習では痴呆性高齢者等処遇困難事例対応実習、デイサービスセンター実習、チーム運営方式業務実習、訪問看護同行訪問、在宅看護支援センター職員との同行訪問、公的関係機関見学を行います。

2012年度にホームヘルパー養成講座は廃止となります

介護職員基礎研修が2007年からスタートしました。それに伴い、2012年度よりホームヘルパー1級養成講座は廃止となります。

介護職員基礎研修は全500時間の講習を受講しなければなりませんが、すでにホームヘルパー1級を取得している人で1年以上の実務経験がある人で60時間、実務経験が1年未満の人でも200時間の講習を受講することで介護職員基礎研修を終了したとみなされます。

これからホームヘルパー1級を目指そうと思っている人は、介護職員基礎研修の受講をおすすめします。ホームヘルパー2級取得者の場合、1年以上の実務経験がある人は150時間、実務経験が1年未満の人は350時間の講習を受講することで介護職員基礎研修を受講したことになります。

介護職員基礎研修の終了はホームヘルパー1級資格より上位資格とされていますので、ホームヘルパー1級資格取得者のスキルアップにつながります。

  • <知っておきたい認知症の基礎知識>原因・症状・老化の違いなど
  • <認知症に関する病気について>脳血管性・アルツハイマー・ピック病など
  • <認知症の予防と治療>介護・検査・診断・治療方法など
  • <認知症ケアに関わる介護資格>ケア専門士・(介護/社会/精神保健)福祉士など
  • <認知症コラム>サプリメント・相談窓口・運転免許取得/更新など