認知症と上手につきあうケアと予防の方法【ニンチケア】
運転免許,認知症

運転免許と認知症……普通免許の取得や更新はできる? できない?

「認知症が発症した父が、車の運転をやめてくれない…」このような悩みは、珍しいことではありません。本人が認知症であることを認識していないのです。「自分は大丈夫」と運転を続けてしまいます。事故を起こすのではないかと心配している家族は、認知症が発症してからの運転に悩まされるのだといいます。

講習予備検査制度が導入されました

2009年6月の道路交通法改正により、運転免許証更新時に70歳以上の場合は高齢者講習の受講が義務付けられ、75歳以上には高齢者講習の前に講習予備検査(認知機能検査)を受けることが必要となりました。

高齢者講習で身体機能を確認

高齢者講習は免許証の有効期間満了の6ヶ月前から有効期間満了日までに受講しなければなりません。

また、対象者には通知(「高齢者講習のお知らせ」というハガキ)が来ます。

高齢者講習の内容

  • 講義とVTR(安全運転のための講義等)
  • シュミレーター適性検査・夜間視力検査・動体視力検査
  • 運転実技の確認(指導員と一緒に車に乗り指導員の指示に従って運転します)

講習の対象

  • 運転免許を更新する人で、更新期間満了時に70歳以上の人
  • 70歳以上で運転免許証を失効させていて(免許証の有効期限が切れている)、失効手続をする人

高齢者講習の実施機関

各都道府県の自動車教習所で実施しています。また、実施機関へ直接電話をして受講申込みをします。

講習予備検査で認知機能を確認

運転免許証の有効期間が満了する日に75歳以上の人が対象となります。高齢者講習の前に講習予備検査を行います。(高齢者講習を受講する実施機関で講習予備検査も受けられます。)また、講習予備検査は約30分で終わります。

講習予備検査の内容

下記のような問いが出されます。また、答えは解答用紙に記入します。

時間の見当識検査

検査当日の年月日、曜日、時間について。

手がかり再生

イラストを記憶します。他の質問に答えた後、記憶したイラストについての問いに答えます。

時計描画

時計の文字盤を記入します。そして、その文字盤に指定された時間を示す針を記入します。

検査の結果

検査終了後、記憶力・判断力について「低くなっている」・「少し低くなっている」・「心配ない」の三段階で判定されます。「心配ない」「少し低くなっている」の判定の場合は、免許の更新ができます。

「低くなっている」と判定された人も免許の更新はできますが、信号無視などの特定の交通違反を更新前に行っていた場合や更新後に交通違反をした場合には、専門医の診断を受け、診断書を提出しなければなりません。

認知症の家族に車の運転をやめさせるには……

近年認知症の人の交通事故のニュースをよく耳にします。認知症の発症を本人も家族も気付いていなかった場合もあれば、家族が運転しないように説得していたのに事故を起こしてしまったという場合もあります。しかし、事故を起こした本人は、その事故について全く覚えていないこともあるのです。

認知症の人は事故を起こす確率が高い!?

認知症を発症して車を運転した人の6人に1人が事故を起こしているという報告があります(そのほとんどは物損事故です)。事故を起こした本人は、事故の記憶はありません。そのため、家族もなかなか運転をやめさせられないのだといいます。

また、事故を起こした人のほとんどが、事故を起こしていながらも運転を続けていたのだといいます。

認知症は新しいことは覚えられませんが、今まで行ってきたことは比較的今まで通りにできます。しかし、判断力の低下から、急な判断が必要となる場合等に事故が起きやすいようです。

認知症の人は事故を起こす確率が高い!?

認知症を発症して車を運転した人の6人に1人が事故を起こしているという報告があります(そのほとんどは物損事故です)。事故を起こした本人は、事故の記憶はありません。そのため、家族もなかなか運転をやめさせられないのだといいます。

また、事故を起こした人のほとんどが、事故を起こしていながらも運転を続けていたのだといいます。

認知症は新しいことは覚えられませんが、今まで行ってきたことは比較的今まで通りにできます。しかし、判断力の低下から、急な判断が必要となる場合等に事故が起きやすいようです。

運転免許の取り消し・停止ができます

認知症と診断されたら(認知症の疑いがある場合も含む)、本人または家族などの申請があれば、運転免許証の取り消しまたは停止がなされます。

また、都道府県警の運転適正窓口では認知症の運転者に関する相談に乗ってくれます。

家族の協力も必要です

車の運転が好きな人にとっては、認知症が発症しているという認識がないのに、運転するのをやめろというのは、なかなか受け入れられないかもしれません。地域によっては車がないとどこにも行けないという場合もあります。

利用できる公共の交通手段も少ない土地もあります。認知症だからと言って、家に閉じこもっていては進行を早めてしまいます。本人が出かけたいときには代わりに運転してあげて一緒に出かけてあげましょう。

また、ただ免許証を取り上げるだけでは解決になりません。運転はただの交通手段なのではなく、運転することが楽しみであったり、趣味である人もいます。運転の代わりになる、楽しめることを見つけてあげる必要もあるでしょう。

  • <知っておきたい認知症の基礎知識>原因・症状・老化の違いなど
  • <認知症に関する病気について>脳血管性・アルツハイマー・ピック病など
  • <認知症の予防と治療>介護・検査・診断・治療方法など
  • <認知症ケアに関わる介護資格>ケア専門士・(介護/社会/精神保健)福祉士など
  • <認知症コラム>サプリメント・相談窓口・運転免許取得/更新など