認知症と上手につきあうケアと予防の方法【ニンチケア】
脳

脳が大事なのは当たり前。でも、どう大事なの?

こちらでは脳の基本的な構造や役割などに加え、脳の別名やトリビアなどにも触れています。人間の身体のパーツの中でも特に重要とされる脳ですが、意外と知らなかったり間違えてたりする事もあるようです。
また、脳の病気に関するページについても紹介させて頂いています。

人間を人間たらしめている最も重要な器官

脳は心臓と並んで生命の中枢と言われています。それに加えて人間が人間である所以であるところの精神活動をも司る、まさに人間の司令塔的役割を果たす重要器官です。

脳が果たす役目は膨大で、未だにその全容までは解明されていません。

脳の種類

脳は大きく分けて大脳・小脳・脳幹の三つの部位に分けられます。
大脳は『大』脳と言うだけあって脳の重量の約80%を占める脳の大部分です。また更に大脳は場所によって前頭葉・側頭葉・前頂葉・後頭葉に分けられ、表層の部分を大脳皮質、深層の部分を白質(大脳髄質)とも分けられます。
また右半球と左半球で右脳・左脳とも呼ばれ、よく芸術家肌は右脳タイプ、理論家は左脳タイプなどという言われ方をします。ですがある程度の機能の偏りは確かにあるものの個人的な差も大きく、医学的な根拠は見られないそうです。
小脳は大脳の後部下にくっつくように位置し、それぞれの脳と脊髄に繋がっています。
脳幹は大脳の中心から小脳の前を通るようにして脊髄と繋がっている部位の事です。

大脳 〜人間らしさを司る脳〜

大脳は脳の中でも大部分を占めるだけあってその役割は様々で、人間の五感や記憶、感情など多岐に渡って司っています。
その中でも特に大脳の外側2ミリ程を覆う大脳皮質は『人間の脳』とも呼ばれ、笑ったり怒ったり悲しんだりする人間らしい感情や精神を司っていると言われています。

小脳 〜『体』で覚える脳〜

小脳は運動機能を司っていると昔から言われています。人間の大きな特徴の一つである二足歩行も、小脳が倒れないようにバランスを取っているからこそ成せる技なのです。
また近年の研究で小脳は自転車の乗り方など、いわゆる体で覚えるという事の『体』に相当する事が分かってきました。今まで体が覚えていたと思っていたものは、実は小脳が覚えていたのですね。

脳幹 〜別名、植物の脳〜

植物の脳と言われてもイマイチぴんと来ないかもしれませんが、つまるところ生命活動を維持している脳だという事です。自律神経や体温調整、内臓の働きやホルモン分泌、果ては睡眠や呼吸などの生命活動維持に欠かせない行動を司っています。
また脳の中央部を通っているのでそれぞれの脳のパイプの役目も果たしており、常に膨大な情報のやり取りが行われているのも特徴です。脳幹の一部である間脳には、それまでやりとりされた情報全てが記憶されているとも言われています。

脳トリビア

人間は脳の一部分しか使えておらず大部分は眠ったままだという話をよく耳にしますが、実はそれは間違いです。というのも、脳の九割を占めるグリア細胞というものの働きがまだ分からなかった時代、残りの一割である神経細胞だけが脳の働いている部分だという誤った思い込みが為されました。その結果、そのような俗説が広まったのでしょう。グリア細胞は神経細胞に栄養を供給したりなどと様々な働きを持ち、実際のところは脳の大部分が働いているようです。
また、脳は一部の働きが欠損したとしても他の部分の脳でそれを補う性質があります。

「脳」参考サイトの紹介

生命維持や人間らしい活動を司っている、人間を構成するパーツの中でも最重要器官と言っても過言ではない脳。その脳に関係する病気は深刻なものも多く、こちらのサイトではそんな脳の病気について詳しく書かれています。

”脳”に関する記事の紹介

その後の障害もまた重い、脳梗塞
http://braingd.com/html/02cerebralinfarction.html

脳関連の病気の中でもトップクラスの知名度を誇る病気である脳梗塞。例え一命を取り留めたとしても、むしろその後の後遺症に悩まされる事が多い病気です。早期発見・早期治療の為にも是非ご一読下さい。

一番身近な脳の病気、偏頭痛
http://braingd.com/html/10headache.html

実は未だに原因の特定されていない偏頭痛ですが、冷やす事が痛みを抑えるのに効果的な事などから脳内血管の何らかの異常を原因とするというのが一般的なようです。頭痛と侮ること無かれ、人によっては日常生活に支障を来たす場合もあります。

殴打されたような強い痛みを伴う、くも膜下出血
http://braingd.com/html/01subarachnoidhemorrhage.html

くも膜下出血は普段の生活では自覚症状が無く、発症した時にはバットで殴られたような激しい痛みを伴います。命の危険にも関わる重大な病気の為、こちらを読んで普段から検査や予防に努めましょう。

  • <知っておきたい認知症の基礎知識>原因・症状・老化の違いなど
  • <認知症に関する病気について>脳血管性・アルツハイマー・ピック病など
  • <認知症の予防と治療>介護・検査・診断・治療方法など
  • <認知症ケアに関わる介護資格>ケア専門士・(介護/社会/精神保健)福祉士など
  • <認知症コラム>サプリメント・相談窓口・運転免許取得/更新など